黎明高校生の変化 ③

こんにちは。

突然の雨が降り、冬に逆戻りの阿賀町 黎明学舎です。


本日も卒業生の合格体験談をお伝えします。

個人的に一番思い入れがある生徒ちゃんです。


出会いは2年生の夏、そこから毎日のように黎明学舎に通い、

最初は英語の小テストで合格点を取ることを目標にして頑張るというスタートでした。


合格点が取れるようになり、満点も取れるようになったある日、

合格点は取れたけど、満点でなかった時、この生徒ちゃんからこんな言葉が出て来ました。


「満点じゃなくて悔しい!」


この言葉は、この生徒ちゃんの中で「結果に対する感情」が生まれた瞬間だと思います。


そこから、小テスト →  定期テスト →   模試 →   大学受験 と目標を上げていき、

見事合格を果たし、昨日ついに入学式を迎えたようです。


この生徒ちゃんの一番の頑張りは、

「とにかく毎日机に座って勉強したこと」

です。そして、その学習環境が黎明学舎でした。


そんな生徒ちゃんの変化の体験記をご覧ください!

challenge change chance

阿賀黎明高校 高校魅力化プロジェクト

新潟県初の試みとして、平成28年に発足した高校魅力化プロジェクト。 阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために阿賀町が支援し運営する公営塾「黎明学舎」に加え、令和3年度から教育留学生の受け入れを開始。

0コメント

  • 1000 / 1000