アウトプット

こんばんは。

今日は夜も半袖でいいぐらい暖かい阿賀町公営塾 黎明学舎です。


今回は最近の生徒ちゃんの成長要因のお話を。

キーワードは「アウトプット」です。


ただでさえ毎日多くの情報に触れる中、どうすれば限られた時間内で知識を定着させるか?

という課題対策として、アウトプットの大切さを実感しています。


知識の定着ピラミッドにおいて、最終段階は「誰かに教えること」、

つまりアウトプットすること、ということになります。

相手が伝えたことをアウトプットできて初めて「教える」ということになります。


ということで、インプットしやすい工夫をし、その後にはちゃんとアウトプットの機会を用意する。そんな教材を使っています(自作)

大人でも本を読んで終わり、ではなく、アウトプットできて初めて自分のものになる。

さらに、そのアウトプットは言語化、明文化、可視化できるカタチになっているか?


ここらへんが、確実に変化につなげられるかのキーポイントだと思います。

ということで、学舎にいる短い時間内でも質の良い時間を過ごせるよう、これからも脳みそフル回転で考えていきます!

challenge change chance

阿賀黎明高校 高校魅力化プロジェクト

新潟県初の試みとして、平成28年に発足した高校魅力化プロジェクト。 阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために阿賀町が支援し運営する公営塾「黎明学舎」に加え、令和3年度から教育留学生の受け入れを開始。

0コメント

  • 1000 / 1000