私たちができること

こんにちは。

今日は久々に青空が広がる阿賀町公営塾 黎明学舎です。


この時期、3年生は受験に旅立つ人も多く、いつもより学舎は落ち着いた雰囲気です。

そんな中、今日は中学生の大阪の修学旅行で行った活動発表に参加してきました。

テーマは「阿賀町を活性化させるために、私たちができること」です。


私たち黎明学舎も教育から地域活性という面で、夏頃に取材を受けました。

「どんなことをしてるんですか?」

「大変なことはなんですか?」

「阿賀町の印象はどうですか?」

特に、外から来た目線でこの町はどう写っているのか?どんな印象なのか?をお話しました。


今日の発表では、阿賀町の魅力を大阪でPRするために、

・阿賀町の「今」を知るためにいろんな大人に会いに行ったこと

・うまくPRするために、バスガイドさんに方法を教えてもらったこと

・自分たちで体験することで、課題を発見したこと

・大阪で阿賀町産のものを販売しての感想

そして、

・今、自分たちがこの町のために何ができるか?

を熱く語っていました。


修学旅行という外との関わりを通じて、今一度地元の魅力や課題を知る。

自らが町の魅力PRをする、課題解決のために何ができるかを考える。

そして、小さなことでも今できることを行動に移す。


今日子供たちの発表を聞いて改めて意識し直しました。


私たちが、私ができることって?

challenge change chance

阿賀黎明高校 高校魅力化プロジェクト

新潟県初の試みとして、平成28年に発足した高校魅力化プロジェクト。 阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために阿賀町が支援し運営する公営塾「黎明学舎」に加え、令和3年度から教育留学生の受け入れを開始。

0コメント

  • 1000 / 1000