「自分を知る」ためには?

こんばんは。

昨日は阿賀町も台風で風が強く、早めに帰宅した阿賀町公営塾 黎明学舎です。


〜 自分を知る 〜

自分は何が好きで、何が嫌いか

自分は何に興味があって、何に無関心なのか

自分は何を面白いと感じ、何を不快に思うのか


年齢や出来事や時代によって変わる「自分」

自分と向き合って、自分と対話して、常に考えていくべきこと


これは子どもだけでなく、大人にも大切なこと

特にこれから大きく時代が変わる中、自分の今いる立ち位置が不安定になることもある

そんな中、変化が起こった時、自分は何を軸に対応していけば良いのか


変化の激しい時代を、たくましく生き抜くためには柔軟なスタンス且つ自分軸がないと難しいと思う


「自分を知る」


どうしたら自分を知れるのか?

いろんな方法があると思うけれど、一つの方法は「社会を知る」こと


社会、世間、周りを知ることで、自分の琴線が触れる瞬間がある

それはきっと「自分を知れた」瞬間だと思う


自分を知るために、自分という「内」に目を向けるのもいいけれど、

社会という「外」に目を向けることで見えてくる「自分」もあると思う



ということを感じた、生徒ちゃんのノートでした。

challenge change chance

阿賀黎明高校 高校魅力化プロジェクト

新潟県初の試みとして、平成28年に発足した高校魅力化プロジェクト。 阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために阿賀町が支援し運営する公営塾「黎明学舎」に加え、令和3年度から教育留学生の受け入れを開始。

0コメント

  • 1000 / 1000