急速な成長の理由

こんにちは。

残暑が絶賛継続中の阿賀町公営塾 黎明学舎です。


昨日の夜は、ある生徒ちゃんと一緒に勉強をがっつりマンツーマンで行なっていました。

その生徒ちゃんは最初、ひとりでノートや教科書を見ながら勉強していましたが、私が観察していると手が動いておらず、身体も硬直状態、、、


おや、これは何か変な感じが。。。


と感じた私は「順調??」と声がけしました。

(集中している可能性もあるので配慮は大切)


すると、生徒ちゃんから、


全然、わかりません。。。


との一言が。それで硬直するんかい!w


ということで、ひとりでやるのではなく、一緒にやろう。と提案し、その提案に賛同したのでマンツーマンで学習。その範囲だけでなく、基礎知識も引き出しながら理解を深めていきました。


すると、私の問いの投げかけに対して的確に答えるんです。

他生徒の傾向的に「これは答えられないだろうな」と思ったことも、この生徒ちゃんはスムーズに答えられました。


あれ?

わからないって言ってたけど、実はわかってるんじゃ???


と疑問を持ったので、終了後こんな質問をしました。(結構、このふりかえり質問します)


私:一緒にやる前、この範囲の理解度は10点中何点だった?

生徒:う〜ん、、、、1点。

私:潔いw。そしたら、一緒にやってみて今の理解度は何点?

生徒:8点!!

私:この1時間でプラス7点て凄いで!その吸収力、ハンパないって!!


そして、次が大切なこと。

ここにこの生徒ちゃんの成長のヒントが隠されているはず。


私:そしたら、このプラス7点の変化はなぜ起こったと思う?

生徒:(しばし考え中)一人でやってる時は、自分で自分がわからないことがわからなかったので、自分で何をしたらいいかわからなかった。

私:お、おお、似たフレーズだらけやなw

生徒:けど、一緒にやって質問をしてもらいながらやると、自分がどこがわからなくて、どこがわかって、どうすればわかるのかがわかったから7点上がったと思います。


【ポイントまとめ】

1:必要な知識はインプットされている

2:しかし、脳内の知識の引き出しが整理されておらず、必要な時に必要な物を取り出せない

3:勉強やテストには時間がつきもの。時間内に知識を探せず失敗

4:勉強はしてる。知識も持ってる。けど出来ないことからくる、自信喪失&自己嫌悪


そこで、今回のやりとりから見えたこの生徒ちゃんのサポート方法は「対話学習」です。

そして、私のなりきりイメージは「現場監督」です。つまり、


1:必要な知識はあるけど、今脳内に乱雑に置かれている状態。

2:それを少し高い視点から、私が「あ、今これ必要な知識だよ」と教えてあげる。

3:それを拾ってきて、組み合わせて、考えることで、目の前の問題が解ける。

4:今の自分でも解ける・わかるという経験を積むことで、小さな自信がつく。

5:二人三脚でやることで、だんだん脳内知識が整理されスッキリしていく。

6:脳内引き出しにラベルを貼り、何がどこに収納されているかがハッキリする。

7:自分ひとりでもいつでも必要な知識を引き出せるようになり「できる」が増えていく


このサイクルが5〜6段階目まで行くと、もう自分ひとりで走れるようになります。

この経験は勉強だけではなく、社会に出てからもいろんなことを学び・経験する中、きっと力になる経験だと思います。


さぁ、明日も二人三脚でがんばろう!!

challenge change chance

阿賀黎明高校 高校魅力化プロジェクト

新潟県初の試みとして、平成28年に発足した高校魅力化プロジェクト。 阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために阿賀町が支援し運営する公営塾「黎明学舎」に加え、令和3年度から教育留学生の受け入れを開始。

0コメント

  • 1000 / 1000