格差をなくせ!

おはようございます。

昨日は町のことを考えている熱い人たちとの時間を過ごした阿賀町公営塾 黎明学舎です。


自分で出来ないことは、出来る人に頼る

自分が出来ることは、率先してやる


こんな関係が今後このプロジェクトには大切だ、そう感じた1日でもありました。


この数日、黎明高校卒業生が帰ってきて黎明学舎を手伝ってくれました。(超絶ありがとう!!)


そんな中、ちょうどその卒業生が今大学で所属している心理学部を進路先に検討している受験生がいたので、現役大学生から学部のリアルなお話をしてもらいました。


その受験生は「心理学」→「カウンセラー」という選択肢しかない?と思っていたようなんですが、実は色々将来の選択肢はある、そんなお話を先にそのレールを走っている人から聞けたと思います。


黎明学舎だけでは伝えられなかったことが、黎明学舎の関係人口から伝えてもらえた。


地域格差 →   情報格差 →   選択肢格差


この格差をなくすためには、私たち黎明学舎のメンバーだけでは難しいです。

いろんな年代、いろんな場所、いろんな職業、いろんな価値観、そんな様々な人たちの協力がいる。そして、その時々に必要な情報をその道のプロや経験者から高校生に提供する。


この格差を埋めるためには「阿賀町の未来」や「黎明高校の未来」を想う仲間を町内外・県外に探しにいくことが具体的行動として必要なので、私たち黎明学舎は引き続き自分たちが出来ることをChallenge REIMEI精神で突き進んでいきます。


卒業生くん、めちゃ助かりました。感謝!!

そして、またいつでも寄ってくださいね。

challenge change chance

阿賀黎明高校 高校魅力化プロジェクト

新潟県初の試みとして、平成28年に発足した高校魅力化プロジェクト。 阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために阿賀町が支援し運営する公営塾「黎明学舎」に加え、令和3年度から教育留学生の受け入れを開始。

0コメント

  • 1000 / 1000