連携する、ということ

こんばんは。

もう長袖が欠かせなくなってきた阿賀町公営塾 黎明学舎です。


今日は町内の中学生たちと高校の関係者の皆さん、そして黎明学舎メンバーが揃って

一緒にキャリア教育の授業をしてきました。

高校生になると、1年生の時に必ず立ちはだかること。

それが「コース選択」つまり、進路に関することです。


自分の今後に大きく関係する選択・決断です。

そこに向けて、中学生の段階から何を考え、何を知っておけば自分にとって良い選択・決断ができそうか?という問いに対する授業をさせていただきました。


感想はまた後日アップしたいと思います。


阿賀町には学校は多くありません。

けれど、だからこそ、中学・高校という世代を超えた学校間で密な連携が可能であり、それを魅力としてアップデートしていけば、生徒のみんなにもメリットを還元できると感じます。


その1歩が今日のような連携授業だった、そう言われるように十分に下準備し、全力で実施しました。いい流れにつながれば嬉しいです。


そして、私が最近で一番驚いたことが授業中に起こりました!!

それを明日お伝えできればと思います。

お楽しみに。

challenge change chance


阿賀黎明高校 高校魅力化プロジェクト

新潟県初の試みとして、平成28年に発足した高校魅力化プロジェクト。 阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために阿賀町が支援し運営する公営塾「黎明学舎」に加え、令和3年度から教育留学生の受け入れを開始。

0コメント

  • 1000 / 1000