やればできる

こんばんは。

もう積もりに積もった雪が暖かさに負けて溶け始めてきた阿賀町公営塾 黎明学舎です。


ついに黎明学舎に通っていた受験生たちは、それぞれ大学への進路が決まり新しい人生のスタートを待っています。


3年目を迎える私たちの受験生対応も、これで終わりとなりました。

思い返せば1年目と2年目と3年目、それぞれの色があり対応をその年々で考え実行していくことも結構大変でした。


けれど、やっぱりこれだけは共通して言えると思います。


やればできた


「できるかどうか不安だな」

「失敗するの怖いからやらないでおこう」


いやいや、とにかくやってみなはれ。

行動すると、意外にできちゃうかもよ。

その結果が1年目、2年目、そして今年の受験生たちの多くが自主勉強時間0分から、最終的に大学進学を叶えたことに表れてますよ。


そして、もうひとつ。


黎明高校の高校生たちは確実に変わってきています。


もしみなさんが昔のイメージのままで黎明高校を見ているのであれば、ぜひ一度現場へ足を運んでみてください。そして生徒たちの様子をその目で見てみてください。


高校3年間という時間を、自分にとって意味のある時間にしようと日々頑張ってる生徒が確実に存在します。


変化や結果は少しずつしか出せないかもしれませんが、一歩一歩進んでいくのでみなさんの応援よろしくお願いします!!

challenge change chance


阿賀黎明高校 高校魅力化プロジェクト

新潟県初の試みとして、平成28年に発足した高校魅力化プロジェクト。 阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために阿賀町が支援し運営する公営塾「黎明学舎」に加え、令和3年度から教育留学生の受け入れを開始。

0コメント

  • 1000 / 1000